NISAのメリット・デメリット

自信を持っている男性

「NISA」という言葉を聞いたことはあっても、そのメリット・デメリットに関して正しく理解しているという人は多くはないようです。
NISA口座を開設し、取引を行うメリットとしては、NISA口座で購入した商品に関しては、その後値上がりしたとしても最長5年間は非課税となります。
つまり、この非課税期間の内に売却した場合には、課税されることはないということがあります。
また、株式の配当金や分配金などに関しても課税されるということはありません。
一方のデメリットとしては、損失が発生した場合には、通常口座や特定口座などの利益と損益通算することが出来ません。
また、3年間の繰越控除を受けることも出来ません。
損益通算の対象外であるため、NISA口座での取引で損失を出し、通常口座の取引で利益を出したという場合には、通常よりも税金を多く支払わなくてはならない可能性も出てきます。
この損益通算とは、通常、株式投資や投資信託で利益を出したという場合、利益の2割が税金として納めるひつ王があります。
しかし、利益を出した取引とは別の取引で損失を被ったという場合には、利益と損失を通算することが出来ますので、支払う税金を減らすことが出来るのです。
先程も記述したとおり、NISAでの取引では損益通算が使えませんので、税金が軽減されるということはないわけです。
損失を出さないためのポイントとしては、損失が大きくなる前に売却してしまうということです。
損失は一時的なものの可能性もありますので、その時の状況に応じて臨機応変に対応するということが重要になります。
NISA口座を開設する際には、メリットだけではなく、デメリットに関しても理解することが大切です。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索