公開履歴
    株式のグラフ

    2014年1月から始まった「NISA」について、多くのテレビやメディアでも紹介されていたため、耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
    NISAとは、少額投資非課税制度とも呼ばれており、株や投資信託などで得た利益や配当金について、一定額を非課税にするという制度のことを言います。
    NISA口座での取引において、大きな節税効果を得ることが出来るとされています。
    具体的には、2014年1月から、毎年100万までの非課税投資枠が設定されることになります。
    つまり、投資額が100万円分までで得た運用益や配当金に関しては、税金がかからないということです。
    NISA口座以外の取引の場合や100万円以上の取引を行い得た運用益や配当金に関しては、約2割の税金が掛かります。
    2014年から2023年までの10年間、1年毎に毎年非課税枠が追加されていきます。
    ただし、非課税の期間については、最大で5年間となっていますので、途中で株式などを売ったという場合には、非課税枠を利用したと見なされ、再利用することは出来ません。
    また、非課税枠を使った投資総額については、500万円までと上限が決められているため、それ以上の金額については税金が掛かることになります。
    NISAを使った取引に向いているのは、短期間に繰り返し売買を行うような取引ではなく、長期的な投資と言えます。
    NISAでの取引を行うためには、専用の口座が必要となります。
    証券会社や銀行などで開設することが出来ますが、開設することが出来る口座の数は1人1口座と決められているため、慎重に選ぶようにしましょう。
    また、年齢が20歳以上である必要がありますので、注意が必要です。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索